葉酸

ビタミン



葉酸



[スポンサードリンク]

葉酸ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一つで、ビタミンMビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれます。


ビタミンB12とともに、補酵素として造血に働き、貧血を予防します。


またDNA形成に関与し、健全な発育に欠かすことができません。


葉酸のはたらき

赤血球の寿命は4ヶ月ですが、新しい赤血球がつくられるときに葉酸が不足すると、正常な赤血球が生成されず、悪性貧血になります。


また葉酸はたんぱく質の合成にも働き、細胞の新生に必須です。


葉酸はたんぱく質や細胞の新生に必要な核酸(DNA、RNA)の合成に働き、発育を促します。


核酸は細胞の核の中にあって遺伝情報を保存しており、遺伝情報のとおりに身体をつくるよう命令を出す、いわば生命の根幹です。


このため、妊娠中の胎児の発育や、授乳中の乳児の育成には必要不可欠です。


妊娠初期に適切に葉酸を摂ることで、胎児の神経管欠損という先天異常のリスクを減らせます。


妊婦は通常の基準値の2倍480μg、授乳婦は340μgを摂取するのが良いでしょう。


葉酸が不足すると

通常の食事をしている限り不足はしません。


しかし、妊娠中や授乳中の女性は別になります。


また、お酒を大量に飲む人や、アスピリンや避妊薬を常用している人も欠乏しやすくなります。


葉酸が欠乏すると、腸管粘膜・抗内・舌炎などの粘膜の炎症が起こります。


成長期の子供は、悪性貧血(巨赤芽球性貧血)になりことがあります。


妊娠中や授乳中の女性が不足すると、胎児に脳神経障害が出たり、乳児の発育に大きな影響を与えます。


葉酸はこんな人にオススメ!

・妊婦や授乳婦 ・貧血気味の人 ・飲酒量が多い人 ・避妊薬やアスピリンを飲んでる人
・口内炎ができやすい人 ・肌荒れが気になる人 ・野菜が不足している人

  • 葉酸早わかり表
  • 効果・造血作用 ・口内炎予防 ・皮膚を健康にする ・成長促進
    ・母乳の出を良くする ・胎児や乳児の発育を助ける
    不足すると・貧血 ・口内炎 ・神経過敏 ・うつ状態 ・健忘症 ・食欲不振
    ・脳形成不全(胎児) ・発育不全(乳幼児)
    過剰摂取とくになし
    1日の摂取量成人男性240μg
    成人女性240μg (妊婦 +200μg 授乳婦 +100μg)
    摂取量の上限1000μg
    多く含む食品動物性肉類鶏レバー(50g)650μg
    牛レバー(50g)500μg
    豚レバー(50g)405μg
    魚介類帆立貝(70g)61μg
    植物性野菜類菜の花(50g)170μg
    枝豆(50g)160μg
    からし菜(50g)155μg
    モロヘイヤ(50g)125μg
    芽キャベツ(5個50g)120μg
    ほうれん草(50g)105μg
    とうもろこし(100g)95μg
    春菊(50g)95μg
    アスパラガス(2本40g)76μg
    そら豆(50g)60μg
    カブの葉(50g)55μg
    果物類いちご(5個100g)90μg
    ドリアン(50g)75μg
    アボガド(1/2個70g)59μg
    パパイヤ(完熟1/3個100g)44μg
    すもも(1個100g)37μg
    柿(1個200g)36μg
    

    [スポンサードリンク]