<strong>ナイアシン</strong>

ビタミン



ナイアシン



[スポンサードリンク]

ナイアシンは水溶性ビタミンのひとつで、糖質た脂質、たんぱく質の代謝に不可欠な存在です。


ニコチン酸とニコチンアミドの総称で、ビタミンB3ともいいます。


循環系、消化系、神経系の働きを助けます。


欠乏すると皮膚炎や口内炎、神経炎や下痢などが生じます。


欠乏から生じる皮膚病としてはペラグラが知られています。


エネルギー代謝中の酸化還元酵素の補酵素としても働きます。


ナイアシンのはたらき

ナイアシンビタミンB3)は血液の流れを良くし、脳神経の働きを改善し、皮膚を健康に保つ効果や、中性脂肪やコレステロールを分解する働きがあります。


全酵素の2割は、補酵素としてナイアシンを必要とし、生体内にもっとも多く存在するビタミンです。


糖質・たんぱく質・脂質の代謝に必要で、二日酔いの元となるアセトアルデヒドを分解します。


ナイアシンは牛乳や卵に多く含まれる必須アミノ酸のトリプトファンを使用して肝臓でも合成できます。


ナイアシンは体内でも合成できますが、ビタミンB1・B2・B6が不足すると充分に体内で合成できなくなります。


ナイアシンが不足すると

ナイアシンが欠乏すると、皮膚や粘膜、消化系、神経系に影響を及ぼし、口角炎、食欲不振、不安感などの軽い症状がみられます。


ナイアシン欠乏症のペラグラは、必須アミノ酸のトリプトファンが少ないトウモロコシを主食とする中南米で多く見られます。


ペラグラになると、日光に当りやすい顔や手足を中心に炎症がおき、下痢などの胃腸障害を発症します。


悪化すると頭痛やうつなどの精神障害も出ます。


日本では通常の食事をしているかぎり心配は無いでしょう。


ただし、アルコール依存症の人は慢性的にナイアシンが不足するので、ペラグラになることがあります。


ナイアシンを過剰摂取すると

ナイアシンを過剰に摂取すると皮膚の炎症がおこり、さらには嘔吐や下痢、肝機能障害が起こります。


その他

幅広い動物性・植物性食品に含まれ、体内でも合成できるので、健全な食事を摂っている人はナイアシン欠乏の心配はありません。


ナイアシンはこんな人にオススメ!

・お酒を多量に飲む人 ・肌荒れが気になる人 ・冷え性の人
・胃腸障害の人 ・頭痛もちの人 ・疲れやすい人

  • ナイアシン早わかり表
  • 効果・頭痛改善 ・血行促進 ・皮膚を健康に保つ
    ・胃腸障害の緩和 ・二日酔い防止
    不足すると・神経障害 ・胃腸障害 ・皮膚トラブル
    ・口角炎など口内の病気になる ・ペラグラ
    過剰摂取・皮膚の炎症 ・胃腸不振 ・肝機能障害
    1日の摂取量成人男性14~15mgNE
    成人女性11~12mgNE
    摂取量の上限ニコチンアミド300mg
    多く含む食品動物性肉類鶏むね肉(皮付70g)7.4mg
    豚レバー(50g)7.0mg
    牛レバー(50g)6.8mg
    焼き豚(50g)6.8mg
    豚肩ロース(脂身あり80g)5.7mg
    魚介類タラコ(1/2腹40g)19.8mg
    春かつお(100g)19.0mg
    びんながまぐろ(80g)16.6mg
    メバチ(100g)13.5mg
    むろあじ(1尾80g)12.2mg
    まぐろ(80g)11.4mg
    カジキ(80g)8.3mg
    さば(1切80g)8.3mg
    ブリ(1切80g)7.6mg
    さわら(80g)7.6mg
    ます(80g)7.0mg
    さんま(100g)7.0mg
    いわし(80g)6.6mg
    植物性その他乾燥落花生(30g)5.1mg
    生そば(1玉130g)4.4mg
    玄米(1膳130g)3.8mg
    まいたけ(乾燥5g)3.2mg
    スパゲッティ(乾燥100g)2.3mg
    

    [スポンサードリンク]