ビタミンB12

ビタミン



ビタミンB12



[スポンサードリンク]

ビタミンB12は悪性貧血を予防することから発見された水溶性ビタミンで、化学名は「シアノコバラミン」、または「コバラミン」と呼ばれています。


葉酸と協力して悪性貧血を予防することから「赤いビタミン」とも呼ばれています。


ビタミンB群のひとつですが、「12」は発見された順番ではなく、相次いで発見されたビタミンB群と重複しないように大きい数字をつけたそうです。


シアノコバラミンは化合物から発生する人口産物なので、喫煙者などの場合を除き、一般人の体内では存在しません。


ビタミンB12のはたらき

ビタミンB12は葉酸と協力して、骨髄で赤血球のヘモグロビン合成を助けて悪性貧血を予防します。


ビタミンB12は、神経細胞内や肝臓を再生するためのたんぱく質や核酸などを合成したり、修復するので、脂肪の代謝や中枢神経の機能維持に効果があります。


ビタミンB12が不足すると

ビタミンB12の欠乏による悪性貧血になると、体がだるくなり、めまい、動悸や息切れ、そして毛足の痺れが起こる神経症状やふさぎ込むなどの精神症状も起こります。


これはビタミンB12が神経にとっても重要な役割があるからです。


その他

ヒトは体内でビタミンB12を生成することはできませんが、一部の動物(牛や羊など)は胃の中の腸内細菌によってビタミンB12を合成することができます。


動物性食品(レバーなど)に多く含まれ、植物性食品にはほとんど含まれていませんが、 よほど偏食をしない限り不足することはありません。


通常の貧血の約90%は鉄欠乏症によるものです。


しかしビタミンB12は、胃から分泌されるたんぱく質の一種がないと吸収されないので、胃を手術した人や、胃を切除した人は薬剤で補給しないといけません。


酒を大量に飲む人や胃が弱くなった高齢者、そして菜食主義者の人もビタミンB12が不足する恐れがあります。


ビタミンB12は特にこんな人にオススメ!

・食事が野菜に偏ってる人 ・妊婦と授乳婦 ・悪性貧血の人 ・酒を多量に飲む人

  • ビタミンB12早わかり表
  • 効果・悪性貧血予防 ・神経の働きを正常に保つ
    ・記憶力、集中力が高まる
    不足すると・神経過敏 ・記憶力、集中力の低下 ・味覚の低下
    ・動悸、息切れ ・貧血 ・食欲不振 ・消化不良
    ・手足のしびれ ・運動失調
    過剰摂取とくになし
    1日の摂取量成人男性2.4μg
    成人女性2.4μg
    摂取量の上限なし
    多く含む食品動物性肉類牛レバー(50g)26.40μg
    鶏レバー(50g)22.20μg
    豚レバー(50g)12.60μg
    魚介類かき(小2個70g)19.67μg
    さんま(1尾100g)17.7μg
    あさり(30g)15.72μg
    ほっき貝(30g)14.25μg
    しじみ(20g)12.48μg
    にしん(1/2身70g)12.18μg
    丸干しいわし(1尾40g)11.72μg
    すじこ(20g)10.78μg
    はまぐり(30g)8.52μg
    さば(1切80g)8.48μg
    帆立貝(70g)7.98μg
    アンコウ肝(20g)7.82μg
    いわし(1尾80g)7.60μg
    紅ザケ(1切80g)7.52μg
    タラコ(1/2腹40g)7.24μg
    秋かつお(80g)6.88μg
    ほたるいか(30g)4.20μg
    

    [スポンサードリンク]