ビタミンB6

ビタミン



ビタミンB6



[スポンサードリンク]

ビタミンB6は水溶性ビタミンに分類されるビタミンで、皮膚炎を予防することから発見されました。


ビタミンB6は化学名「ピリドキシン」といい、他に「ピリドキサール」、「ピリドキサミン」があります。


たんぱく質のアミノ酸の代謝や神経伝達に用いられ、たんぱく質の摂取量が多い人ほど必要量も増えます。


ビタミンB6の機能

ビタミンB6はたんぱく質をつくるビタミンです。


たんぱく質はアミノ酸に分解されてから、人の身体に必要なたんぱく質に再合成されます。


このときに不可欠となるのがビタミンB6です。


ビタミンB6はたんぱく質を有効に使うために機能するので、健康な皮膚や髪、歯をつくり、成長を促進すます。


また、脂質の代謝を円滑にする働きや、赤血球のヘモグロビンの合成に働きます。


神経細胞間で情報を伝達するためにもビタミンB6は必要で、アドレナリンやドーパミン、セロトニンなどの神経伝達物質の生成に関わっています。


免疫機能を正常に維持するためにビタミンB6は必須になります。


ビタミンB6を摂取することでアレルギー症状を軽くする効果があります。


また小児ぜんそくの発作を防ぐことが判明しています。


花粉症や慢性鼻炎などの症状がある人はビタミンB6を摂取することで症状を軽く出来るでしょう。


ビタミンB6が不足すると

ビタミンB6は体内で合成されることもあり、通常の生活では欠乏症は起こりにくいとされています。


しかし、抗生物質を服用している方や、妊娠中のホルモンの変化、そして避妊薬のピル常用者は欠乏症が起こることがあります。


ビタミンB6が不足すると、粘膜部分の目や鼻、耳などに脂漏性湿疹が発生したり、口内炎や結膜炎に掛かりやすくなります。


また神経系の異常が生じたり、貧血を起こすこともあります。


その他

水溶性ビタミンなので、過剰に摂取した分はその日のうちに排出されます。


しかし万が一、一日200mg以上大量摂取した場合、神経系の障害が出る可能性はあります。


ビタミンB6は卵胞ホルモンに働きかけ、バランスを整えます。


このため女性の「月経前症候群」と妊婦のつわりに効果があります。


ビタミンB6はこんな人にオススメ!

・お肉を多くとる人 ・酒の消費が多い人 ・発育期の子供 ・妊婦や授乳婦
・肌荒れが気になる人 ・口内炎の人 ・ピルなど経口避妊薬常用者 ・抗生物質を服用中の人
・月経前症候群の人 ・アレルギー症状がある人 ・脂肪肝を予防したい人

  • ビタミンB6早わかり表
  • 効果・皮膚や髪を健康にする ・解毒作用 ・抗アレルギー作用
    ・発育促進 ・脂肪肝の予防 ・つわり、月経前症候群の改善
    不足すると・神経過敏 ・口内炎、舌炎、脂漏性湿疹、皮膚炎など
    ・貧血 ・末梢神経炎 ・けいれん(乳幼児)
    過剰摂取とくになし
    1日の摂取量成人男性1.4mg
    成人女性1.2mg
    摂取量の上限成人60mg
    多く含む食品動物性肉類牛レバー(50g)0.45mg
    牛ヒレ(80g)0.35mg
    鶏レバー(50g)0.33mg
    鶏ささ身(50g)0.32mg
    牛もも肉(脂あり80g)0.27mg
    魚介類かつお(1切100g)0.76mg
    メジマグロ(1切100g)0.73mg
    さんま(1尾100g)0.51mg
    ブリ(1切100g)0.42mg
    紅ザケ(1切100g)0.41mg
    真サバ(1切80g)0.41mg
    真アジ(1尾100g)0.40mg
    いわし(1尾80g)0.35mg
    ヒラメ(80g)0.26mg
    植物性野菜類赤ピーマン(1/2個75g)0.28mg
    黄ピーマン(1/2個75g)0.2mg
    さつまいも(50g)0.14mg
    ニンニク(1片6g)0.09mg
    青ピーマン(1個35g)0.07mg
    果物類バナナ(1本100g)0.38mg
    夏みかん(1個350g)0.18mg
    柿(1個200g)0.12mg
    

    [スポンサードリンク]