ビタミンB2

ビタミン



ビタミンB2



[スポンサードリンク]

ビタミンB2は水溶性ビタミンに分類され、化学名「リボフラビン」と呼ばる生理活性物質です。


成長に欠かすことの出来ないビタミンで、かつてはビタミンGと呼ばれていたこともあります。


ビタミンB2のはたらき

ビタミンB2は身体を構成する細胞の再生やエネルギーの代謝を助けています。


髪や爪、皮膚をつくるのを促すので、健康に成長するために必要です。


ビタミンB2は三大栄養素の糖類・脂質・たんぱく質を分解してエネルギーに変えるための補酵素としての機能があります。


また、ビタミンB2は過酸化脂質ができるのを、酵素のグルタチオン・ペルオキシダーゼと一緒に防いでいます。


ビタミンB2が不足すると

ビタミンB2が不足して、まず症状があらわれるのは、口内や唇、舌、目などの粘膜のところです。


口内炎や口角炎、舌炎がよくできたり、目が充血してゴロゴロするといった症状に見舞われる人は、ビタミンB2不足かもしれません。


肌荒れや吹き出物、髪のトラブルを起こしやすい人もビタミンB2が不足している可能性があります。


子供の成長期にビタミンB2が欠乏すると、成長障害を起こすこともあります。


その他

ビタミンB2は体内にためておけないので毎日摂取します。


ビタミンB2は水溶性ビタミンなので、過剰に摂取しても体外に排出されるので心配は要りません。


動物性食品にビタミンB2は多く含まれています。


栄養素の中で脂質は多くのエネルギーを生み出しますが、それだけビタミンB2も余計に摂取しなければいけません。


また、妊婦やお酒をよく飲む人、ストレスの多い人も不足に気をつけましょう。


ビタミンB2は脂質の代謝を高めてくれるので、ダイエットをしている人は意識的に摂るように心がけましょう。


動物性食品を摂らない人は、納豆がオススメです。


大豆自体にはビタミンB2が多く含まれていませんが、納豆は納豆菌によってビタミンB2が増えています。


ビタミンB2はこんな人にオススメ!

・脂肪の摂取量が多い人 ・運動量が多い人 ・妊婦や授乳婦 ・小児
・ダイエットをしたい人 ・肌荒れが気になる人 ・がんや動脈硬化、白内障を予防したい人
・口内炎や舌炎、口唇炎を治したい人 ・糖尿病や脂肪肝の人

  • ビタミンB2早わかり表
  • 効果・健康的な髪、爪、肌をつくる ・口内炎予防 ・ダイエット効果
    ・成長促進 ・薬物や毒物の解毒
    不足すると・眼が光に弱くなる ・白内障になり易い
    ・口内炎、舌炎、口唇炎になる ・皮膚炎 ・成長障害
    ・動脈硬化 ・肛門、陰部のただれ
    過剰摂取基本的に心配は無いが、まれにかゆみやしびれがある
    1日の摂取量成人男性1.4~1.6mg
    成人女性1.2mg
    摂取量の上限なし
    多く含む食品動物性肉類豚レバー(50g)1.8mg
    牛レバー(50g)1.5mg
    鶏レバー(50g)0.9mg
    鶏卵(1個60g)0.26mg
    豚肩ロース(脂なし100g)0.25mg
    牛ヒレ肉(100g)0.24mg
    ショルダーハム(2枚50g)0.1mg
    魚介類うなぎ蒲焼(1串100g)0.74mg
    ドジョウ(5尾40g)0.43mg
    ブリ(1切100g)0.36mg
    真ガレイ(1切100g)0.35mg
    いわし(1尾80g)0.29mg
    サバ(1切100g)0.28mg
    さんま(1尾100g)0.26mg
    アイナメ(1尾100g)0.26mg
    子持ちガレイ(1切100g)0.20mg
    丸干しうるめいわし(3尾40g)0.17mg
    タラコ(1/2腹40g)0.17mg
    植物性野菜類モロヘイヤ(50g)0.21mg
    アボガド(1/2個70g)0.15mg
    菜の花(50g)0.14mg
    からし菜(50g)0.13mg
    クレソン(30g)0.06mg
    豆類納豆(1パック50g)0.28mg
    乾燥大豆(50g)0.15mg
    乳製品牛乳(1杯210g)0.32mg
    ヨーグルト(1カップ210g)0.29mg
    アイスクリーム(1個80g)0.14mg
    種実類アーモンド(30g)0.27mg
    その他まいたけ(30g)0.15mg
    干し椎茸(大2個10g)0.14mg
    

    [スポンサードリンク]