水溶性ビタミン

ビタミン



水溶性ビタミン



[スポンサードリンク]

水溶性ビタミンには、8つのビタミンB群ビタミンCがあります。


水溶性ビタミンは、その名の通り水の溶けやすく、水や熱により多くが損失してしまいます。


よって調理法は茹でたり煮るよりも、蒸したり炒めるほうが適しています。


過剰に摂取しても尿により体外へ排出されるので、人体への害はありません。


水溶性ビタミンが不足すると人体への影響は、ビタミンB1以外、皮膚の炎症の欠乏症状が現れることが多いとされています。


ビタミンB群はどれも代謝をサポートして同じような働きをしているように見えますが、実際はもっと複雑な反応をしており、それぞれ固有の因子を持っています。


  • 水溶性ビタミン一覧
  • ビタミン化学名体内での働き
    ビタミンB1チアミン糖質と分岐脂肪酸の燃焼に必要
    ビタミンB2リボフラビン脂肪酸の燃焼に特に必要
    正常な体の発育に必要
    ビタミンB6トピリドキシン
    ピリドキサール
    ピリドキサミン
    アミノ酸の代謝に関与
    ビタミンB12コバラミン(シアノ型、メチル型など)アミノ酸や脂肪酸の代謝と
    葉酸の生合成に関与
    ナイアシンニコチン酸
    ニコチン酸アミド
    糖質・脂質・タンパク質の代謝に必要
    循環系・消化系・神経系の働きを促進
    パントテン酸パントテン酸エネルギー代謝の補助
    葉酸プロテイルグルタミン酸アミノ酸と核酸の代謝に必要
    ビオチンビオチン脂肪酸の生合成や糖の新生に関与
    ビタミンCアスコルビン酸細胞組織の機能維持
    強い抗酸化作用によるがんの抑制
    

    [スポンサードリンク]