ビタミンK

ビタミン



ビタミンK



[スポンサードリンク]

ビタミンKは脂溶性ビタミンのひとつで、血液の凝固作用があることから、抗出血性ビタミンとも言われています。


ビタミンKは血液を凝固させるだけでは無く、血液が凝固するのを抑制する機能ももっています。


ビタミンKは天然型と人工合成型の二つに分かれ、天然型にはビタミンK1ビタミンK2、人工合成型にはビタミンK3ビタミンK4があります。


人口合成型のビタミンK3は悪影響が確認されたので、現在では使用禁止になっており、ビタミンK4は医薬品として使用されています。


ビタミンK1は緑葉野菜や植物油、豆類、海藻類などの植物に主に含まれていますが、魚介類にも多く含まれています。


ビタミンK2は腸内細菌によって体内で合成されますが、チーズや納豆などの発酵食品にも多く含まれます。


ビタミンKの効果

ビタミンKは血液の凝固とそれを抑制する働きがあります。


また、骨からカルシウムが流出されるのを防ぐので、骨を丈夫にする働きがあります。


骨の再石灰化にも関与しており、骨にカルシウムが沈着するのを助けます。


ビタミンKは骨の健康維持に不可欠です。


このことから、ビタミンKは骨粗しょう症予防の治療薬として使用されています。


ビタミンKが不足すると

ビタミンKは腸内で合成され、多くの野菜類に含まれるので普通に生活していれば不足することはほとんどありません。


しかし、腸内細菌が少なく、体内でビタミンKが生成できない新生児の場合は、ビタミンKが欠乏し消化管出血が起こることがあります。


成人でも肝臓に障害を持つ方は不足することがあります。


ビタミンKを過剰に摂ると

脂溶性ビタミンですが、過剰摂取による害は報告されていません。


しかし抗血栓薬を服用されてる血栓症の人や血液凝固剤を服用している人は、ビタミンKの摂取量が制限されます。


ビタミンKはこんな人にオススメ!

・妊婦と授乳婦 ・歯や骨が弱い人 ・抗生物質を服用している人 ・骨粗しょう症を予防、治療したい人

  • ビタミンK早わかり表
  • 効果・血液凝固作用 ・血液凝固抑制作用 ・骨の形成と再石灰化
    不足すると・骨粗しょう症 ・血が止まりにくい ・体内出血(新生児の場合)
    過剰摂取特になし
    1日の摂取量成人男性75μg
    成人女性60~65μg
    摂取量の上限なし
    多く含む食品植物性野菜類あしたば(50g)250μg
    つるむらさき(50g)175μg
    かぶの葉(50g)170μg
    おかひじき(50g)155μg
    ほうれん草(50g)135μg
    菜の花(50g)125μg
    春菊(50g)125μg
    豆苗(30g)96μg
    その他納豆(1パック50g)368μg
    岩のり(1枚10g)170μg
    干しのり(1枚10g)78μg
    乾燥わかめ(5g)33μg
    

    [スポンサードリンク]