ビタミンE

ビタミン



ビタミンE



[スポンサードリンク]

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種です。


ビタミンEの化学名はトコフェロールといいます。


このトコフェロールは「子供を産ませる」という意味があり、男性ホルモンや女性ホルモンの代謝に関係しています。


ビタミンEは抗酸化ビタミンとしても有名で、生活習慣病に効果があるほかに、食品添加物の酸化防止剤としても用いられています。


ビタミンEの効果

ビタミンEには病気や老化の原因となる体の酸化を防ぐ働きがあります。


細胞膜に多く含まれる不飽和脂肪酸は酸化され易く、活性酸素によって酸化されると過酸化脂質となり、細胞の劣化を招きます。


強い抗酸化作用をもつビタミンEは、過酸化脂質の生成を抑制します。


また、血液中のコレステロールの酸化を防ぎ、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立ちます。


ビタミンEは血行を促進し、自律神経を整えるので、冷え性や肩こり、腰痛を改善する働きも期待できます。


紫外線に対する抵抗力を上げる特性がビタミンEにはあるので、シミ・ソバカスにも効果があるといえます。


ビタミンEが不足すると

ビタミンEが不足すると、血液中のビタミンE濃度が低下して過酸化資質ができるので、細胞の老化が進み、がんや生活習慣病になりやすい状態になります。


未熟児や乳幼児では溶血性貧血を起こすこともあります。


成人でも神経障害や無気力、不妊などに陥ることがあります。


ビタミンEを過剰摂取すると

脂溶性ビタミンのビタミンEですが、ほとんど取り過ぎの心配がないビタミンです。


ただしサプリメントなどで過剰に摂取した場合、軽度の肝障害、血が固まり難くなるなどの症状が出ます。


その他

ビタミンEは脂溶性なので脂質を含んでいる乳製品などど一緒に摂取すると吸収率が上がります。


ビタミンCビタミンA(β-カロチン)、ビタミンB2などの抗酸化作用があるビタミンと一緒にとると、さらに抗酸化作用が高まるでしょう。


ビタミンEはこんな人にオススメ!

・妊婦と授乳婦 ・冷え性の人 ・しもやけが出来やすい人 ・更年期障害に悩む人 ・高血圧な人
・シミやソバカスが気になる人 ・肌荒れが気になる人 ・がんや心疾患、脳卒中を予防したい人

  • ビタミンE早わかり表
  • 効果・細胞膜の健全化 ・老化予防 ・がんの抑制
    ・生活習慣病予防 ・更年期障害の軽減 ・血行促進
    ・疲労回復 ・美肌効果 ・性ホルモンの分泌促進
    不足すると・血行不良 ・神経障害 ・老化 ・溶血性貧血 ・動脈硬化
    過剰摂取・軽度の肝機能障害 ・血が固まりにくくなる
    1日の摂取量成人男性8~9mg
    成人女性8mg
    摂取量の上限成人男性800mg 成人女性600mg
    多く含む食品動物性魚介類マグロ油漬け缶詰(100g)9.2mg
    アンコウ肝(1切50g)6.9mg
    うなぎの蒲焼(1串100g)4.9mg
    毛がに(ゆで100g)3.7mg
    ハマチ(100g)3.3mg
    キングサーモン(100g)3.3mg
    タラコ(1/2腹40g)2.9mg
    真ダコ(100g)1.9mg
    植物性野菜類西洋かぼちゃ(100g)4,9mg
    モロヘイヤ(50g)3.3mg
    赤ピーマン(1/2個75g)3.2mg
    ほうれん草(50g)1.1mg
    種実類アーモンド(10粒14g)4.3mg
    ヘーゼルナッツ(10粒15g)2.7mg
    落花生(10粒25g)2.5mg
    油脂類ひまわり油(10g)3.9mg
    綿実油(10g)2.8mg
    サフラワー(10g)2.7mg
    サラダ油(10g)1.3mg
    

    [スポンサードリンク]