ビタミンA

ビタミン



ビタミンA



[スポンサードリンク]

ビタミンAは脂溶性ビタミンで、油に溶けて水に溶けにくい性質を持っています。


ビタミンAの化学名はレチノールです。


カロテンも体内ではビタミンAに変換されるのでプロビタミンAと呼ばれます。


レチノールは動物性食品に含まれ、レバーや魚介類の内臓、卵黄、牛乳などに多く含まれています。


プロビタミンAのカロテンはα-カロテン、β-カロテン、γ-カロテンと種類があります。


人間が摂取する植物性食品にカロテンは含まれていますが、緑黄色野菜に含まれるカロテンのほとんどはβ-カロテンです。


ビタミンAは水に溶けにくく熱に強いので、料理による損失はほとんどありません。


脂溶性なので油とともに料理をすると吸収されやすくなります。


ビタミンAのはたらき

ビタミンAは体内で発生する活性酸素から身体を守る抗酸化ビタミンの一種です。


抗酸化作用により老化予防、ガン発生の抑制など生活習慣病に効果があります。


またビタミンAは皮膚や粘膜の機能を正常にする作用があり、病気への抵抗力が上がります。


ビタミンAは眼の働きを司るロドプシンという物質の主成分なため、眼の働きにも大きく関与し、夜盲症の予防に効果があります。


その他

ビタミンAが含まれてる食品は意外と多いので、1日のトータルでみると過剰摂取しやすい傾向にあります。


特に妊婦が1日1万IU以上を連日摂取すると、奇形児の発生率が増加するといわれているので、注意が必要です。


ただし、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンなどのプロビタミンAは体内でビタミンAが不足するとビタミンAに変化するので、過剰摂取の心配はありません。


ビタミンAはこんな人にオススメ!

・薄暗いところでよく見えない人 ・目が疲れやすい人 ・風邪を引きやすい人
・皮膚がカサつく人 ・粘膜が弱い人 ・授乳婦 ・がんや動脈硬化、心臓病を予防したい人

  • ビタミンA早わかり表
  • 効果・皮膚や粘膜の機能正常 ・がんの抑制 ・眼の機能回復
    不足すると・夜盲症など眼の機能低下 ・皮膚や爪の乾燥 ・成長障害
    過剰摂取・頭痛 ・めまい ・発疹 ・骨障害 ・下痢 ・吐き気
    ・胎児の奇形
    1日の摂取量成人男性700~750μgRE
    成人女性600μgRE
    摂取量の上限3000μgRE
    多く含む食品動物性肉類鶏レバー(50g)7000μgRE
    豚レバー(50g)6500μgRE
    牛レバー(50g)550μgRE
    魚介類アンコウ肝(1切50g)4150μgRE
    ウナギ肝(1串50g)4150μgRE
    銀ムツ(1切100g)1800μgRE
    うなぎ蒲焼(1串100g)1500μgRE
    銀ダラ(1切80g)880μgRE
    ホタルイカ(10杯100g)750μgRE
    植物性野菜類モロヘイヤ(50g)850μgREE
    にんじん(50g)728μgRE
    あしたば(80g)704μgRE
    西洋カボチャ(100g)660μgRE
    だいこんの葉(50g)325μgRE
    小松菜(50g)260μgRE
    チンゲン菜(70g)238μgRE
    ミニトマト(5個65g)105μgRE
    果物類乾燥あんず(5個30g)249μgRE
    すいか(1/8個250g)172μgRE
    干し柿(1個70g)154μgRE
    柿(1個200g)127μgRE
    

    [スポンサードリンク]