脂溶性ビタミン

ビタミン



脂溶性ビタミン



[スポンサードリンク]

水には溶けず、脂(油脂・脂肪)に溶けやすいビタミンを、脂溶性ビタミンといいます。


脂溶性ビタミンビタミンAビタミンDビタミンEビタミンKの4種類がありますが、それぞれ生理作用上での共通点は、ほぼ無いといってもいいくらい違います。


しかし、生理作用上で、その効果が近い関係にあるものもあること最近の研究でわかってきました。


脂溶性ビタミンは水や熱による損失が少なく、油で調理することで吸収率が高まります。


しかし、過剰に摂取してしまった場合、水溶性ビタミンのように尿や汗で排出されないために、人体に悪い影響を及ぼすこともあります。


  • 脂溶性ビタミン一覧
  • ビタミン化学名体内での働き
    ビタミンAレチノール成長促進機能、生殖作用、感染予防
    上皮細胞の機能維持、視覚の正常化
    ビタミンD
    ビタミンD2
    ビタミンD3
    カルシフェロール
    エルゴカルシフェロール
    コレカルシフェロール
    Caの吸収促進、骨・歯へのCaの沈着
    細胞の分化調整
    ビタミンEトコゲロール(α、β、γ、δ)
    トコトリエノール(α、β、γ、δ)
    抗酸化作用、細胞膜
    リポタンパク質の機能維持
    ビタミンK
    ビタミンK1
    ビタミンK2

    フィロキノン
    メナキノン
    血液の凝固を促進
    

    [スポンサードリンク]